オーダーカーテンカーテンと窓@カーテンと窓AQ&A@Q&AAお問い合わせ

窓とカーテン

通風と採光を確保する窓は、住み心地を左右するキーポイントといってもいいほど重要です。
ブラインドなども、インテリアコーディネイトの面だけでなく、快適さを高めたりといった機能も見逃せません。部屋の使用目的はイメージに合わせて最適なものを選びましょう!
 窓の形に合わせたカーテンスタイル
ウインドウトリートメント(カーテンやブラインド全般の名称)は、窓のスタイルや機能と密接に関わりあっています。その開閉方法は、左右に開閉するタイプと上下に開閉するタイプの2種類に大別されます。デザインやスタイル、生地やつり方の工夫で冷暖房効果を高めたり、採光や明るさを調節したりという機能も違ってきます。
 掃き出し窓には
リビングのテラスや庭側に設けられていることがほとんどです。外への出入りがたやすいように、左右に開閉するスタイルのものが向いています。左右に開閉するカーテンは、どんな窓にも合わせやすく、生地やつり方もいろいろ工夫ができ、バリエーションがもっとも充実しています。間口の広い窓の場合、レースは1枚ものの片開きの方が合わせ目が見えずきれいですが、出入りが頻繁なら両開きにしたほうが便利です。
縦型ブラインド(バーチカルブラインド)は、光の調節機能にすぐれ、羽の角度調節で一日中同じような明るさが保てます。上下に開閉するブラインドやロールスクリーンは、人の出入りを考えると、開閉が大変なので、あまりおすすめできません。

 

 

2〜3倍ヒダをとった両開きカーテン。ドレープとレースの2重つりは最もスタンダードなスタイル。

 
カジュアルなインテリアにフィットするフラットカーテン。ヒダのタックをとっていないので窓周りに厚みが出ず、すっきり見えます。
 
広い面もすっきり見せるバーチカルブラインド。採光をとりこみながら、外からの視線を遮ります。モダンスタイルの部屋に。
トップライトは壁面窓に比べて3倍もの明るさが得られるトップライト。住宅密集地などなかなか十分な採光が望めない現代の住まいにはぴったりなのですが、夏など、強い直射日光が入り過ぎて冷房効率を落とすことも。トップライト用の遠隔操作できるロールスクリーンやブラインドをお勧めします。

pickup

チタンの印鑑を作るなら
http://www.e-insho.com/titan1.html

Last update:2017/5/1

Copyright (C) 2008 お部屋を彩るカーテン All Rights Reserved.